捏造図書刊行会 // 博麗神社例大祭6参加レポート 

博麗神社例大祭6 参加レポート

捏造図書刊行会では、博麗神社例大祭にサークル参加を行い、新刊2種類を初め、各種グッズの頒布を行いました。以下にて当日の内容についてご報告致します。

登場人物 東村氏:秋葉原大学主宰。新刊東方経済の作者    NT氏:かんたんのゆめ主宰。新刊秘封るる部の作者   雨虎氏:サークル雨水溜まり主宰

当日は午前6時にメンバー全員が起床し、新刊コピー本の製本作業を行った後、会場である東京ビッグサイトへ向かいました。なお本サークルと提携関係にあるサークル雨水溜まりの代表雨虎氏は、いつまで経っても出発準備の整わない東村氏に見切りを付け、先にビッグサイトへと出発しました。また、秘封るる部の製作を担当したNT氏は、直前までの修羅場進行と大分からの移動の疲れを回復することが出来ないまま会場入りしてしまい、後に惨劇に見舞われることとなってしまいます。

既に午前8時を廻ったゆりかもめの車中は随分と空いており、頒布物が大量に詰まったキャリーバッグも迷惑になることなく、無事に会場に到着し、自スペースで準備を行い会場を待ちます。

午前10時の会場と同時に、東村氏はスペースをNT氏に任せ会場内の音楽島に直行し、CD30枚、同人誌110冊を購入し、意気揚々と打ち上げに臨みました。また話題の不夜城レッドや東方あきたこまちを初めとする珠玉の同人グッズを手に入れることが出来、実に実りある同人活動となりました。

捏造図書刊行会では、今後も東方ジャンルで活発な活動を行っていきたいと考えています。

博麗神社例大祭でお世話になった皆様にこの場を借りて厚く御礼申し上げます。

以 上