|UPFG Gloval|Flash site|サイトマップ|お問い合わせ|文字の拡大|
  >>UPFGポータル >>ニュースリリース >>『排便幻想』開発プロジェクトの実施
  プレスリリース  

秋葉原大学/厚生環境省|  2010年6月27日 掲載

 『排便幻想』開発プロジェクトの実施

PDF版:『幻想排便』開発プロジェクトの実施

このページを印刷する


 国立大学同人秋葉原大学(総長:ノバス/以下、秋葉大)とサークル少女全自動(代表:Hekeke/以下、少女全自動)は、このたび、東方紅楼夢6(2010年10月11日開催予定)を目処に、東村氏ボーカル東方アレンジCD『排便幻想』の共同開発を推進することで合意致しました。
両サークルは緊密な連携の下、余力を挙げて本プロジェクトを実施すると同時に、関係・提携サークルの助力を得て高いクオリティの作品の実現を目指して参ります。

 現在、秋葉大とサークル神乃木製作所(代表:神乃木リュウイチ/以下、神乃木)は、管理排便制度を普及・啓蒙を目指した諸政策を実施していますが、今後も社会の健康エコ志向を踏まえ、さらなる排便管理需要の拡大が見込まれています。このような状況を踏まえた上で、多種多様な社会的排便ニーズに応える作品を提供することを通じ、社会から信頼される同人サークルとしての具体的成果を達成し、引いては「サークルの社会的責任(CSR)」の推進を図っていきます。

 本企画では、東方アレンジで実績を有する諸氏を強制徴用し、ハイレベルなアレンジ曲に残念な歌詞、残念なボーカルを起用することで、排便行為の持つ重要性と虚しさの背反する表現を、一つの作品群として実現する他、排便についての有識者のコメントなどを掲載した豪華なブックレットの作製を検討しています。

 高クオリティな作品と残念な主題が織り成す排便の世界に、ご期待ください。

 参加メンバー等の詳細な情報については、秋葉大及び少女全自動より、逐次情報発信を行ないます。


 

以 上

 

担当:秋葉原大学

お問い合わせ:akiba.u@gmail.com

 

このページのトップへ
 UPFGポータルに戻る