|UPFG Gloval|Flash site|サイトマップ|お問い合わせ|文字の拡大|  |UPFG JAPAN |
>>UPFGポータル >>ニュースリリース >>捏造図書刊行会の設立について
 プレスリリース  

捏造図書刊行会の設立について

|UPFG| 秋葉原大学  2008年9月4日掲載

このページを印刷する

この度、秋葉原大学(UPFGグループ)と、かんたんのゆめ(http://kantan-bay.org/)は、共同で同人活動サークル「捏造図書刊行会」(以下 刊行会)を設立致しました。刊行会では、主に各種同人ジャンルと鉄道系を組み合わせた活動を行う他、UPFGグループで製作する全ての同人誌の発行元となります。なお、コミックマーケットの参加については従来通り「秋葉原大学」名義による申込み及び頒布活動を行います。なお、従来のUPFGの同人制作物の発行主体であった東洋帝都新聞出版事業部は、捏造図書刊行会に発展解消となります。

 

捏造図書刊行会の概要

設立  2008年9月1日
出資比率 UPFGグループ50%(秋葉原大学20%、UPFG本社10%、同人企画庁5%、連邦国鉄省5%、澤田印刷株式会社5%、東洋帝都新聞5%)
        かんたんのゆめ 50%
サークル構成員 東村光(連邦政府内閣総理大臣)
            NT(B-TEC主宰)
主要活動ジャンル 鉄道、東方、創作主な事業内容 鉄道系同人イベントにおける出展・頒布活動、UPFGの同人制作物の発行

「秋葉原大学」の概要
2003年発足。 2006年以降コミックマーケットを中心に、評論系(ジャンルコード135)にて活動を行う。萌えについての学際的研究を同人誌の形態で発表するほか、模擬講義などの活動も行っている。
主な活動実績コミックマーケット参加(C70〜C74)

「かんたんのゆめ」の概要
2007年発足。
主な活動実績Little"t"star参加(08年5月)、東京のりもの学会参加(07年5月)

お問い合わせ
秋葉原大学 akiba.u@gmail.com
かんたんのゆめ http://kantan-bay.org/contactform(メールフォーム)

−以 上−

▲ このページのトップへ
▲ UPFGポータルに戻る