>>サイトトップ >> 東洋帝都新聞トップ >> 社会>> 東村氏が修羅場入り−気象台発表
    最終更新 2008年06月11日 23:42
トップ社会経済政治萌え東村氏行事社説

■イベント案内

香川うどんサミット開催迫る
側室増加の真意を探る

■特集
秋葉原大学2008年重点研究方針

・次元論
・M@D史
・ 擬人化論

提携

内外通信
東予新聞
摂津新聞
統一宇宙通信

 


今日も東村氏は飢えている事を忘れずに

 

 

東村氏が修羅場入り−気象台発表

【東京11日】中央気象台は、コミケ当落の発表に伴い東村氏の新刊発行に向けたモチベーションの向上と原稿を落とす気運が高まりつつあることを受け、「東村氏が修羅場入りとみられる」と発表した。東村氏の修羅場入りは平年よりも47日程度早く、昨年より52日早くなっている。なお修羅場はコミックマーケット当日の17日頃まで続く見通しで、この間東村氏は過酷な体力勝負を強いられることとなる。

今年8月15日から17日の日程で開催されるコミックマーケット74において、政府萌務省は「秋葉原大学」として3日目 西 ゆ 10a にて、新刊2冊を初め、既刊数冊を頒布する方針を明らかにしている。しかし今期は新技術の導入などにより、従来よりも構成作業に大きな時間が割かれると見られており、手間のかかるフルカラー本の製作が全体の行程に大きな影響を及ぼすことが予測されている。またコピー本を製本する要員が大幅に削減されたことから、本当に期日に発行させることが疑問視されている。万が一新刊が落ちたとなると、東村内閣の責任問題にも発展する要素にもなりかねないことから、政府は「何があっても新刊は発行し、東村手法が直接コミケに参加する」(与党幹部)方針を強く打ち出している。

(2008年6月11日) 

■ 関連ニュース

 

最新ニュースTOP10

[→過去のニュースへ]

■経済

京浜重工、小田急5200型の製作に着工
UPFG大分より青春18切符を買収
萌例タイムズC70号完売、−コミックマーケットC72

[→過去のニュースへ]

UPFG GOV. 2001-2007. All rights Reserved.