>>サイトトップ >> 東洋帝都新聞トップ >> 東村氏>> 米不足が続く官邸
    最終更新 2007年09月01日 13:17
トップ社会経済政治萌え東村氏行事社説

■イベント案内

東北広域周遊会食首脳会議
イカそうめんの実態調査
冷麺産業の視察
一口大のそばの連続飲食限界試験
ずんだ餅の試食
牛の特定部位食肉の安全性調査

■記事フォーマット

まだ調整中

■特集
The 1000th summer
−AIRの世界を歩く−

第1回 おのれ高野山
第2回 ぃやっほーぅ国崎最高
第3回 美浜町を訪ねる
第4回 ポテトは実はメソ

提携

内外通信
東予新聞
摂津新聞
統一宇宙通信
あああああ

 


今日も東村氏は飢えている事を忘れずに

 

 

米不足が続く官邸

食料難が伝えられる東村市内では、食糧庁に備蓄してあった米が無くなるなど、市民生活に深刻な影響が出始めている。政府は市民に節食を呼びかける一方で、近隣諸国に対し人道支援を強く求めている。一方、コミックマーケットの実施月でもあった8月の同人関係支出は過去最高となり、官邸の書庫に収まりきらないほどの同人誌が搬入された。

7月の臨時税収により、数年来の大幅な黒字を記録した連邦政府の財政は、8月のコミケ参加に伴う資料費の増大などの影響を受け、一転して大幅な赤字に転落した。この結果、生活費を初めとする不要不急予算の削減が敢行され、折から不足気味であった米の備蓄の補充計画が中止に追い込まれたほか、桃缶などの主食類も品薄になり、東村市内の小売店から食料品が軒並み姿を消す異常事態にまで発展している。
東村市役所市民生活局は、連邦政府食糧庁に対し市民向け食料の確保を要請したほか、国際蒼十字社などを通じ、近隣諸国に食糧支援を要請しているが、援助を公式に表明している国はない。特にUPFG大分のNT氏(かんたんのゆめ代表)は、東村氏の支援要請に対し、「NT@曲仕事連打 の発言:ぇー」と述べ、支援を断るなど厳しい態度を見せている。

この事態の背景には、地獄の椎茸(UPFG広島)の発行済み国債20000円の未償還などが影響していると見られている。この問題について、東村首相は「厳しい情勢は認識しているが、今はコミケ後の大切な時期。会場で買い逃した本・CDの為に市民へしわ寄せが行ってしまう事はやむを得ない」と述べ、生活費の切りつめを継続する方針を示している。

(2007年8月26日 21:40) 

■ 関連ニュース

  東村氏暗殺を企てた3人を逮捕。「砂漠の蜜柑」の拠点を家宅捜索
  UPFG大分より青春18切符を買収
  萌例タイムズC70号完売、−コミックマーケットC72

 

最新ニュースTOP10

[→過去のニュースへ]

■東村氏

東村氏暗殺を企てた3人を逮捕。「砂漠の蜜柑」の拠点を家宅捜索

[→過去のニュースへ]

UPFG GOV. 2001-2007. All rights Reserved.